社民党愛知県連合のブログ


社民党愛知県連合のブログです。県連合の活動や、関連する団体の情報など掲載していきます。
by sdpaichi
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

検索

参議院議員選挙が始まりました

いよいよ選挙戦です。愛知県選挙区からは「伊藤よしき」候補が立候補いたしました。
私たちの暮らしとこの国の未来をこれ以上破壊させないための闘い、また、社民党にとっては存亡を賭けた闘いともなるでしょう。
「選挙区・伊藤よしき」と、「比例区・社民党」に、ひとりでも多くの皆様からご支援いただけるよう、訴えを続けてまいります。



伊藤よしき候補の第一声は、“福島の子どもたちを守れ”から始まりました。

福島第一原発の事故は、原発労働者の懸命の作業によっても収束不能で、放射性物質は現在も空と海に放出され続けています。福島の子どもたちは、外で思い切り遊ぶこともできず、健康被害に不安を抱えながら暮らしています。

この名古屋も、原発のある浜岡から12km,若狭湾から90kmのところにあります。
大飯原発の再稼働や、他の若狭湾岸にある原発が再稼働し、もし福島のような事故が起これば、琵琶湖は汚染され、放射能は北西の風によって岐阜はもちろん愛知まで飛んできます。

安倍内閣は原発の国外へ輸出も進めようとしていますが、度々事故を起こす日本の原発を輸出することは「原発事故を輸出すること」に等しいのです。

事故の収束に向け全力を尽くし、また、政府の原発再稼働・原発輸出をやめさせることが、未来に責任を持つ社民党の最大の責務です。福島の、日本の、世界の「子どもたちを守る」ために、脱原発を訴える声を大きくしてゆかねばなりません。



若者雇用対策について。 “はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢっと手を見る” と啄木は詠みましたが、現代の若者は働く職場が奪われている状況です。就職難、不安定雇用の増加、劣悪な労働条件を課し労働者を使い捨てにする悪質な「ブラック企業」の増加など、若者をとりまく雇用環境は過酷をきわめます。

若者が未来に希望が持てる社会をつくるためには、まっとうな雇用環境を整えなければなりません。社民党は、賃金の引き上げと、「いのち」「みどり」に関連する雇用を創出することによって、「働きがいのある人間らしい仕事」を実現し、「ブラック企業」の改善にも取り組みます。



日本の食料自給率はすでに40%を切っています。農業従事者は高齢化しており、これでTPPに参加すれば、本当に日本の農業は壊滅してしまいます。震災からの復興途上にある東北など被災地の農林水産業や関連産業、地域経済にも深刻な打撃を与えかねません。いいのでしょうか?

TPPは農業だけでなく、保険や食品安全、公共調達、労働なども対象となっています。これまで守ってきた国民皆保険制度が崩壊しかねないほか、海外企業との激しい競争にさらされる中小企業にも大きな影響が出ます。国内産業や国民生活に与える悪影響は計り知れません。
農業と地域、暮らしを破壊するTPP参加には断固反対です。




以上、伊藤よしき候補の初日の訴えの中から一部を抜粋しました。
その他の重要政策も含め、連日各所をまわり、訴えていきます。お騒がせいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
f0294289_4401311.jpg

金山総合駅北口にて

f0294289_4411742.jpg

名古屋駅前にて
[PR]
by sdpaichi | 2013-07-05 04:42

累計訪問者数

ブログパーツ

画像一覧

カテゴリ

全体
未分類