社民党愛知県連合のブログ


社民党愛知県連合のブログです。県連合の活動や、関連する団体の情報など掲載していきます。
by sdpaichi
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月

最新のトラックバック

検索

辺野古代執行訴訟を巡る和解について(談話)

2016年3月4日

   辺野古代執行訴訟を巡る和解について(談話)

                    社会民主党幹事長 又市征治

1.本日、辺野古新基地建設に関する埋め立て承認の取り消しをめぐり、国が翁長雄志知事を訴えた代執行訴訟で、福岡高裁那覇支部が示した、工事を中断したうえで県と再協議し、法律に基づく法的措置を国と県の双方に速やかに実行するよう求める、「修正暫定和解案」受け入れを国側が表明した。社民党は、工事中断が辺野古新基地建設に反対する多くの皆さんの運動の成果であると受け止め、一定評価する。

2.今回の和解を受けて、国と県とが再協議することになるが、国はこれまでの強権的なやり方を反省し、誠実な姿勢で臨むべきである。国の和解案の受け入れが、6月の沖縄県議選や7月の参議院選挙に向けた争点隠しの弥縫策であってはならない。

3.安倍首相は記者会見で、「20年来の懸案である普天間飛行場全面返還のためには辺野古への移設が唯一の選択肢との国の考えに変わりはない」との姿勢を変えていない。しかし、沖縄県民の意思は明確であり、普天間飛行場問題の解決策については、辺野古に固執することなく、「県外・国外」移設について米国と再交渉すべきである。

以上

[PR]
# by sdpaichi | 2016-03-06 11:03

3月7日 山としひろ・江南市議 本会議で質疑

 3月7日(月曜日) 9時から、江南市議会本会議が開かれ、新年度一般会計予算案などの議案質疑が行われます。

 社民党の山としひろ・市議も質疑を行います。山市議の登壇予定時間は13時30分過ぎとなります。

 インターネットでライブ配信されますので、ぜひご視聴ください。もちろん、傍聴も大歓迎です。

※江南市議会 ライブ配信はこちらをご覧ください。 
 http://www.gikai-tv.jp/dvl-konan/2.html

[PR]
# by sdpaichi | 2016-03-06 10:59

【ご案内】 3月27日 福島みずほ副党首が名古屋へ

 3月27日(日)、社民党の福島みずほ副党首(参議院議員)が名古屋入りし、講演します。最近問題となっている「経済的徴兵制」をテーマに、中京大学の大内裕和教授と対談します。ぜひお出かけください。

【ご案内】  対談「若者の貧困と経済的徴兵制」

日時 2016年3月27日(日)13:30~16:30

会場 中京大学センタービル 6階 0603教室(230席)

住所 〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
http://www.chukyo-u.ac.jp/information/access/index.html

講師 大内裕和(中京大学教授)/福島みずほ(弁護士・参議院議員)

会費 無料

主催 若者の未来と人権を考える会

連絡先 西英子 TEL 052-808-3241

[PR]
# by sdpaichi | 2016-03-06 10:54

10月25日 第2回集団的自衛権等の名東学習会 講師らからのメッセージ

 10月25日に開催される「第2回集団的自衛権等の名東学習会」で講師を務める方や元社民党市議から、メッセージが届きましたので、掲載します。

 憲法違反の「戦争法(安全保障関連法)」に対する認識を深める絶好の学習機会です。ぜひ多くの市民のみなさんにご参加いただきたいと思います。


闘いはこれからです

  弁護士 村橋 泰志

 安倍政権は、安保関連法案を衆・参院で強行採決し、集団的自衛権の行使をできるようにしました。

 それで、全ての問題は終わったのではありません。今後、アメリカ軍の軍事行動に参加したり、積極的に駆けつけ警護に参加したり、武器の行使をするような事態が必ず起きるでしょう。その都度、国民は厳しくチェックして、そおの濫用を阻止しなければなりません。そこが勝負どころとなります。

 根本的には、この法律を廃止るような政権をつくらねばなりません。


違憲な法律への主権者の役割

  愛知県立大学名誉教授 木幡 洋子

国民が政府に対する抵抗権を持たない日本国憲法のもとでは、憲法に違反する法律や行政施策に対しても、「悪法もまた法なり」と従容と従うことが法治国家のもとでの国民のとるべき態度なのでしょうか?いいえ、それは違います。法治国家の大本にあるのは立憲主義であり、その基礎となるが憲法です。

憲法に反することを行っている現政権は、まさにクーデターを行ったのです。国民をわが掌中にあるべきものとするような政権のあり方は、すでに独裁国家に日本が転換したことを示すものです。私たち主権者は、座してその行く末を見ていてはいけません。主権者として、ありとあらゆる方法を駆使して、法治国家のもとでの抵抗を試みないといけない時です。

共に、できることを考え、主権を国民の手に取り戻しましょう!


戦争法を廃止に追い込む闘い

 社民党名東支部長(元名古屋市議 冨田 勝三

戦争法反対の声は、国会の採決前後に、野火のように広がりました。ところが、強行採決のあと、「もう終わった」の声が聞こえます。これでは安倍政権の思う壺。

これからです、本当に戦争法を廃止に追い込む闘いは!



[PR]
# by sdpaichi | 2015-10-07 09:44

10月25日 第2回集団的自衛権等の名東学習会

 「社民党愛知県連合名東支部」と「名東平和学習会」が共催する学習会のご案内です。ぜひ足をお運びください。


第2回集団的自衛権等の名東学習会
~違憲の戦争法廃止はこれからだ!!~

日時:2015年10月25日(日曜日)
       13時30分~16時30分

場所:名東生涯学習センター 第1集会室

講師とテーマ

・安保関連法の成立をどうみるか
  村橋 泰志 さん
   弁護士(違憲立法に反対する愛知大集会実行委員長)

・集団的自衛権行使の憲法的意味-意見な法律への主権者の役割の観点から-
  木幡 洋子 さん
   愛知県立大学名誉教授(憲法学)
   名東平和学習会代表

 

※講師はいずれも名東区在住の名東区民です



共催:社民党名東支部 名東平和学習会


問い合わせ先:冨田 勝三

        052-701-0346

        090-2182-9096



立憲主義の根幹が危うい状況が日本を覆いました。

天皇主権から国民主権へ、軍国主義から民主主義へ、基本的人権を尊重する国へと、第二次世界大戦後に日本人は国の姿を変えることを決めました。それが日本国憲法の制定を喜んだ多くの日本人の気持ちでした。

とりわけ、戦争はいっさいやらない、加担もしないということを定めた人類史上もっとも純粋で理想的な第9条という条文に対する国民の支持は世界的にも稀有なものでした。

その憲法が踏みにじられてしまいました。憲法改正が困難だからでしょう。解釈による実質的な憲法9条の改正が、「集団的自衛権は憲法9条に含まれる」という閣議決定により行われ、その解釈を根拠に11の安全保障関連法が強行採決されました。

これは、まさに憲法をないものとするクーデターとしかいいようがありません。

 主権者である私たちは、この事態を軽くみてはいけません。これは専制政治の幕開けであり、立憲主義の終焉をもたらすものです。

 主権者として、一人ひとりが責任ある判断をくだすことが、求められています。その一助になればと、連続講座を開催しています。ふるってご参加いただき、議論に参加してください!



[PR]
# by sdpaichi | 2015-10-06 16:24

累計訪問者数

ブログパーツ

カテゴリ

全体
未分類